60歳になりましての日記

60歳になりまして、これから訪れる老後の生活を綴っていこうと思います。

河津桜はほぼ散っていました(南伊豆旅行)

わかっていたけど(桜は散ってる)ホテルを予約していたあったので

南伊豆へ行ってきました。

河津町の桜も車内から見てみたけど、ほぼ散ってた。

南伊豆に入り「みなみの桜となの花祭り」の河津桜はもっと残念な状態でした。

なので画像に収めず・・・。


ホテルにチェックインする前にランチを下田で頂きました。

主人が頼んだワタリガニトコブシのラーメン

めっちゃいい出汁がが出ていて旨い!って言ってた。


私が頼んだサザエ丼。

画像では見えないけど所々にサザエの切り身が

食べるとサザエの風味と歯ごたえがあり存在感感じる。

味はいいんですが、しょっぱかった。


そらから休暇村南伊豆へ。

2時すぎだったけどフロントは受付を済ませた人でいっぱい。
(桜が残念な状態で外は雨だからか・・・)

チェックインは3時ですが早めに部屋に入れました。

和洋室の部屋で海側の部屋ですが

松林で景観望めなかったです。

ホテルの目の前が弓ヶ浜で夏は人気のホテルだろうと想像できる。


雨が止んだ翌日の弓ヶ浜。

風がビュービューでめっちゃ寒かったです。


山使用の服装で完全防備(笑)

海岸歩いてみました。

弓ヶ浜はきれいな砂浜で子供がいれば記憶に残る夏休みになるでしょうね。


休暇村南伊豆のビュッフェに続く

生活費節約して旅行へまわす

明日は南伊豆旅行です。

「みなみの桜と菜の花まつり」で宿は随分前から取っていた。

がっ!今年は開花が早く、昨日からの雨でどうも残念は桜見物になりそう・・・。


主人からもらう生活費は14万円。

やりくりして29000円残った。

今日給料日なので、このお金は旅行にまわす。


固定費の引き落としは別で特別支給の老齢厚生年金でやりくりしてる。

いつもは全部使っていたが

やればできるじゃないかと思った。


嘱託で働いてる主人は3月いっぱいで辞める。

貰えたものがもらえなくなるので4月からはもっと節約しなければ

本格的な年金生活に突入する。


多分、固定費の他に税金や社会保険料の引き落としが大変になるだろう。

全然足りないと思われ、半年に一度振り込まれる財形年金を当てると思う。


この財形年金は使わずにストックしていたが

ヤリスクロス購入やリフォームで使った。


主人の定年退職前に老後資金シュミレーションをたて

固定費や任意保険料(生命保険など)を見直し

年金生活にそなえコンパクトにいた。


それでも近年の物価高や社会保険料の値上げにより(岸田政権め!)

思惑と違った方向へ進んでいる。。。

さらなる節約は必要だと感じる。

休暇村から案内状届いた

4月に北陸応援割を利用して休暇村能登千里浜に予約を取った。

昨日案内状が届きました。

ここで2泊予定です。

部屋は和洋室をお願いしてる。

HPはこちら
www.qkamura.or.jp



一泊目の夕食は天然能登ふぐ懐石


二泊目はなぎさコース

どちらも半ビュッフェがついている。


そして朝食は

能登のおかあさんが握るおにぎりで地元の食材を使った具材を使っているそうだ。


主人がこのおにぎり画像みて「おいしそうだな!」と言ってた(笑)

その他に車麩を使ったフレンチトーストもありでビュッフェスタイル。


うちは休暇村会員になっているので通常料金より1000引きになる。

一般の宿でふぐ懐石など頼んだらとんでもない金額になるけど

休暇村自体が安い料金設定なのでリーズナブルだ。


だけど休暇村はどこも不便なところにあります。

動ける60代で日本中廻ってみたいので休暇村を利用してる。

70代になったら船旅がいいんだろうと感じる。


以前勤めてた会社の社員に動ける内に海外旅行がいいですよって言われたことがある。

私達トレッキングやハイキングを趣味にしているので

動ける内は日本中旅行したいのって応えた。


ちなみに温泉は源泉かけ流しだそうです。

以前泊まった休暇村嬬恋鹿沢の温泉はぬるっとしてて腰痛に効いた。

とてもいい温泉でした。

能登千里浜の温泉も愉しみです。

海の中も春(新わかめの酢の物)

海の中も春めいて、柔らかい新わかめが出回ります。

スーパーで見つけた地物です。


柔らかくて美味しいので酢の物にしました。

さっと湯がき、冷水で冷やし絞って

キュウリとジャコ、カニカマ、生姜の千切りを合わせ酢で和えました。


それと以前作った鯖の味噌煮がことのほか美味しく

また良い型の鯖を見つけたので作りました。


スーパーで2枚おろしを頼んだのに

なぜか3枚おろしになっていてビックリしました。

私の前の人が店員さんに3枚おろしでと頼んでいたので間違ったのかしら?


まっ、いいですけど。

冷凍するとき骨付きの方が型くずれしなくていいんですがねぇ。


ところで以前作った時、半身を冷凍したら

味がしみしみで柔らかく

更に美味しくなっていました。

なので今回も半身は冷凍して、食べたい時に解凍します。

越前そば食べてみたいな~

4月に北陸応援割で旅行する。

福井にも宿を取って東尋坊永平寺など観光しようと思ってる。

色々調べてたら、福井って越前そばが有名みたいだ。


越前そばとは・・・

福井県嶺北地方で主に食される蕎麦。強力粉をつなぎとした蕎麦に、大根おろしが入った出汁ツユを蕎麦にかけたり、大根のしぼり汁に生醤油や出汁をくわえたツユに蕎麦をつけて食べたるなど、大根おろしを必ず利用することから「おろしそば」と呼ばれる。

ウィキペディアより)

へぇ~強力粉をつなぎにしてるんだ。

普通は小麦粉でそば粉との割合で8割そばとか言うけど

かなりコシが強そうなんだろうと思った。

是非食べてみたいわ!


ところで福井は恐竜が有名で恐竜博物館がある。

予約制で事前にチケット購入しなければいけない。

主人に行きたい?って聞いたら興味ないって言われた(笑)

それより鯖江のメガネフレーム見たいようだ。


私は桜の名所にもなっている大野城丸岡城見てみたいわ。

コース取りによるし、桜の時期にうまく当たればいいけど。


追記:以前小田原で全国おでんフェステバルを開催して食べに行ったことがある。

私は静岡東部なのですが静岡おでんはお馴染みでなく関東風のおでんが主流。

どうも、あの真っ黒なおでんと黒はんぺんが。。。(臭くて苦手)

そして小田原おでんも練り物が多く苦手です。

金沢おでんを食べた時、出汁にすごく品があり美味しかったです。

金沢に行ったらもう一度食べようと思います。

春の旅行は北陸応援割を利用して石川県と福井県へ

休暇村旅行雑誌が届いた。

中身を見たら、ちょうど金沢、福井の特集をしてて参考になる。

政府は令和6年能登半島地震で打撃を受けた石川県・福井県富山県新潟県、北陸4県の早期観光復興のため、旅行代金の最大半額を補助する「北陸応援割」の枠組みを発表しました。

北陸応援割の概要は

対象都道府県: 石川、富山、福井、新潟の4県
開催時期: 2024年3月又は4月~ゴールデンウィーク前までを予定
施策内容: 国内旅行者・訪日旅行者の旅行の宿泊料金を割引
割引額: ・補助率:1人1泊当たり最大50%。
・補助上限額:
└1泊の宿泊または1泊の交通付き宿泊旅行商品で2万円
└2泊以上の交通付き宿泊旅行商品で3万円
└宿泊地が2県以上の周遊型旅行商品で3万5千円。
※日帰り旅行は対象外。

能登の大地震で何の支援もしてなかったのでこの機会にお金を落とそうと思う。


それに主人が3月いっぱいで嘱託を辞める。

4月に旅行へ行こうと思ってたので良い機会です。

宿は休暇村能登千里浜に予約した。

ここは懐石と半ビュッフェで私達はフグのコースを選んだ。


そして福井はあわら温泉にある「福井県市町村職員共済組合保養所 越路」に。

一般も宿泊できるので予約した。


いつも休暇村に泊まる時はハイキングやトレッキング目的ですが

どうやら近くに低山はないっぽい。

なので兼六園金沢城跡、東尋坊などを観光しようと思う。


ところであわら温泉にある宿(越路)は電話での予約のみ

ネット予約はできない。

昨日予約を入れ春の会席料理の内容も分からなかったが

「月・会席料理」を頼んだ。

そして値段聞いたら一泊二食@12400円(税込み)で

あまりの安さにびっくりした。


但しどこの事業所も支援内容に応じての宿泊費は決まっていない。

なので3月に入ったら確認し支援割引に移行してもらわないと。


追記:来週河津桜を見に行くが

どうやらすでに満開の情報が・・・。

宿はとってしまっているし、また天気予報もすぐれない模様。

まぁ、雨だったら防水のトレッキングウェア着て歩くか。

ってな感じです。

膝のリハビリいつまで続くの?診察を受ける

膝を強打して筋を痛め、治療の為リハビリに通っていた。

痛みはなく、ヨガ、ウォーキング(3~4キロ)は復帰してる。

理学療法士さんにいつまで続くのか?聞いたら

先生の診断を受けてくださいと言われ

昨日予約をとって診てもらいました。


診察の結果もういいでしょと言われ

やっとリハビリが終わりました。

大体リハビリの目安は6週間ほどらしい。

ちょうど6週間くらいで終わることができました。


いや~長かったわ。

ちょこっとマッサージしその後、超音波と電気を流し(これって効いてるのか?)

リハビリはわずか20分ほど。

人は治癒力を持っている、長く通ったところで意味あるのか?と思ってた。

それより筋力が落ちないようにしないと普段の生活に支障がくる。


待合室はいつも高齢者でいっぱいだ。

大体30人ほど待っていてリハビリを受けている。

どこが痛いとか、そんな話ばかりで気が滅入る。

びっくりしたのは入院してて友達も同じ病室で楽しかったと言ってた・・・。


いずれ私も怪我をしたら長いリハビリを受けるようになるんだろと感じたが

普段の生活で運動は欠かせないようにしないと肝に命じた。



追記:ヨガで同じ時期に尻もちを着いて整形外科に通っている生徒さんと話をしたら

彼女はヒビが入っていて通院しているそうだ。

ただ毎週通院してレントゲンを撮っているそうだ(!?)

薬もなし、リハビリもなしでただ写真を取っているだけと言う。

まぁ、経過をみているのかもしれないが・・・。

(なんか、診療点数を稼ぎたいだけ?)と疑ってしまう。。。


ちなみに同級生男子に膝のリハビリを話したら

電気とか超音波とか、そんなんで治るわけないだろって言われた。

私と同じ考えで、人に備わっている治癒力で時間の経過で治るんだと言われた(激しく同意)

どこの病院だ?と聞かれ

怪我したらその病院には行かないと言われた(笑)

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村